たたたた。

あんまりじろじろ読んじゃ嫌。

『長恨歌』

 不夜城第三部、完結編。

 Amazonではいま一つ人気がない。

  1. ストーリーが単純で予想通り
  2. 主人公に魅力がない
  3. スピード感がない

というのが主な批判意見。続編って難しいな、と思う。前作と同じようなことをすると1の意見が出て、違うことをすると3のような意見になる。

 

個人的には小説は大きく分けて、ストーリーを楽しむもの、雰囲気を楽しむもの、の2つがある、と考えている。

で、不夜城ノワール小説の傑作、とされたように、後者が強い。なので、雰囲気を変えずに、ストーリーを変えるべきだったんだろうなあ。

長恨歌の場合、雰囲気を構成する文体の変更を行い、3の批判を浴びてしまった。個人的には1の批判はやや的外れに感じる。

 

とか、書いたんだけど、結局ホモが出てこないことが不満なだけじゃないの?みんな。

 

長恨歌  不夜城完結編 (角川文庫)

長恨歌 不夜城完結編 (角川文庫)

 

 

 

広告を非表示にする