たたたた。

あんまりじろじろ読んじゃ嫌。

『鎮魂歌』

2人の主人公の視点が交互に描かれる作品。

そのことに加えて、登場人物がどこか似通うせいか台詞が似ていて、誰の発言か、ぼうっと読んでいると、時々見失う。

スポード感のためか、退廃感のためか、文章は簡潔だし。

例えば、「首を振った」=否定ってとっさに判断できない。でも『横に』って入れるとスピード感が失われそう。難しいね。


 不夜城も思ったんだけど、暴力的/残虐性がやだっていうひとはちょっと不思議。

暴力的な内容をあえて淡々と書いているので、過剰な残虐性は感じない。

 

この作品は二度は読んだ方が良いと思う。色々伏線に気がつくだろう。

と言いながら、僕は読まないだろう…

鎮魂歌(レクイエム)―不夜城〈2〉 (角川文庫)

鎮魂歌(レクイエム)―不夜城〈2〉 (角川文庫)

 

 

しかし、ホモ多すぎじゃない?

主人公もホモ、死ぬのもホモ、いい男はホモ。

広告を非表示にする